サイト移転しました。3秒後に自動でジャンプします


スポーツサプリメント
スポーツサプリメント

NEW! 富士で!香港で!イタリアで!

 18時間トレイルランニングSTY完走! 「 最後の登りがスイスイ!神がかり的!」  2015年11月追加!

無事完走できました! STY番号▲▲▲▲です。

大会一ヶ月前からろくに練習できず、かなりの不安があったのですが
【スタート30分前に赤ENERGAIN
【それからは10kmごとに赤ENERGAIN
【一時間ごとに黒ポケットエナジー。少し辛くなったら早めに黒ポケットエナジー
それだけを心がけました。

あとはエイドにて、糖分があまり高くない物、温かい物、特に汁物を取りながら、夜間の冷え対策を意識して
最後の最後まで一度も足がつることは無かった。これは初体験でした! 
最後の登りも今スタートしたみたいにスイスイ登れました!!
神がかりな体験に感動しました。

これだけは言わせてください。
アスリチューンじゃなかったら完走できなかったです!

ギリギリのアドバイス本当に有難うございました!!!
来週友人が斑尾を走るので絶賛しておきます。

青SPEEDCUREのおかげで、筋肉痛は違和感があるくらいで、ジョギング程度なら楽勝でできそうです。
(STY翌日に)何より仕事が出来てることで、妻に文句を言われません(笑)。ありがとうございました!!


 イタリア、330kmトルデジアン踏破! 「 1日2時間の仮眠明け、足が軽い!」  2015年11月追加!

トルデジアンでアスリチューンを使用しました。

教えていただいたように
【スタミナを持続を狙って、行動中、行動前に赤ENERGAIN 】を、
【回復を期待して、仮眠・長めの休憩前に青SPEEDCURE 】を 使用しました。正直赤はわかりづらかったです。

青SPEEDCUREの効果は素晴らしかったです。
2日目までは青を使用せず、3日目以降使用したところ、仮眠から覚めた後の足が軽い! 

仮眠と言っても1日1-2時間ほどで、なかなか回復は難しいです。
いつもだったら足が固くなり、重さを感じるところ、驚くほど足が動き、どんどん前に進めました! 
その後も「この青があれば大丈夫」と安心して仮眠と行動ができました。

大会自体は悪天候のため、私が230km地点で中止になってしまったのですが、足も気力も十分だったため、その後も自己責任という形で330km、踏破してきました。
「これも青SPEEDCUREがくれた回復力のおかげでは!?」と思ってます。
素晴らしい経験、ありがとうございました。


 香港、スカイランニング世界シリーズ! 「 現地のコンディション作り良好!」  2015年11月追加!

一昨日、香港で開催されたスカイランニング・ワールドシリーズ『Lantau 2 Peaks』に参戦し、アスリチューンを使いました。
最後まで力を出し、動き続けることができました。

海外レースでは移動や滞在先での生活で、わずかであっても疲れるものです。
レース前にそういったものを取り除くため、青SPEEDCUREを寝る前に摂っていました。
スタート前に赤ENERGAIN
レース中は後半の山に備えて黒ポケットエナジーをまだ元気なうちに摂取しました。
お陰で現地でのコンディション作りはうまくいきました。今後も使います。


★ Jプロツアー優勝選手、愛用!

は僕の武器だ!」


「ノドにすっと落ちやすい。  ベタベタしないから。
 しかも美味しい。
 僕のお気に入りポケットエナジー、レースでの武器になっています」

ロイック・デリアック 選手
  KINAN CYCLING TEAMKINAN CYCLING TEAM 公式サイト

2015年Jプロツアー JBCF湾岸クリテリウム優勝!
おめでとうございます!




シエルヴォ奈良 選手達はこう使っている!
シエルヴォ奈良公式サイト

西沢倭義選手
青SPEEDCURE翌朝の体のだるさが全然違います。私は、試合後と就寝前にとっていますが、連日レースが続く中でも朝起きた時の感覚が違う。モチベーションも上がります!

赤ENERGAIN、足の攣りも無く自分の持てる力を出し切ることが出来ました。

ドロッとしていなくて飲みやすい。また飲み口も手軽に切れて飲みやすい。
エナジージェルではない為、何かカロリーのあるものと一緒に取るようにしています。

若杉圭祐選手
ハードなレースで、最後まで集中を切らさず走りきる事が出来ました。
技術力が問われるシクロクロスでは、レース前に飲むことによりハードな場面でもミスが少なくなり、ミスをしても落ち着いて対処する事が出来ました。(赤ENERGAIN




TEAM GIANT 青木卓也選手(MTBプロライダー)

ATHLETUNEを今年からを使うようになって、今までよりも疲労を残さずにレース本番を迎えられています。
僕は特にSPEEDCURE気に入っていて、試走から戻ってすぐに飲むようにしています。

運動直後で呼吸がつらい時なんかだと、粉もののサプリメントは飲みにくかったりしますが、 ATHLETUNEはゼリー状で飲みやすく、1パックの量もちょうどいい。
僕みたいに本番まで疲労を残せない競技には持って来いのサプリメントです!」
  ★2011年 ジャパンシリーズチャンピオン
    / 2012年 ランキング3位
  ★2011年 全日本選手権3位 / 2012年 2位  
    (青木卓也選手サイト


 今まではレースの次の日は怠くてあまり体を動かしたくないのですが、青SPEEDCUREをレース後に補給すると疲労感が軽減します。

レース前に赤ENERGAINを飲んでいますが、体も温まり序盤のハイペースにも対応しやすく感じます。

とも、甘いとだんだん飽きてしまうので、さっぱりしていて飲みやすいです。

    (自転車・男性)

 回復の早さはいつもより早い。疲れの残り方が軽い。(青SPEEDCURE

ATHLETUNE、他社のと比べてもかなり飲みやすく、口に入れてもすぐになじむのでとても気に入っています。
大きさも手ごろで、ジャージのポケットに入れやすい。持ち運んでいる感じが無くて良いですね。

    (自転車・男性)

 レース中に脚が攣ることが全く無くなった(赤ENERGAIN)。
青SPEEDCURE、私は筋肉をの疲れが抜けにくい体質ですが、レース直後の飲用、更に寝る前の飲用で翌朝の疲労感が全く無くなった。

ATHLETUNEは、嵩張らず、バックポケットに収まり易い。

    (自転車・男性)

 青SPEEDCURE、翌朝、起きた時の疲労感がわかるくらい違います。

大きさがちょうどいい。ジャージのポケットに入れても取りやすい。
パワーバーやショックに比べて飲みやすい。
胃にもやさしいです。

    (自転車・男性)

 青SPEEDCURE、他にはない回復系のジェル。
レース後すぐに摂取。練習後にも30分以内に1本摂取しています。

近年、年齢的に回復能力の衰えを感じていたが、摂取を始めてから回復の速さを体感できた。
    (自転車・男性)

 赤ENERGAIN、持久力の向上が実感できます。エネルギーの変換が早いような気がします。
    (自転車・男性)

 ラクに泳げてびっくりしました!(赤ENERGAIN
1500mの大会後も余力が残ってて、こんなに残るならセーブする必要なかった(笑)

    (水泳・女性)


 赤ENERGAIN、ハーフマラソンで自己ベストを5分更新できました!
    (ハーフマラソン・女性・さいたまシティマラソン2013)


 フルマラソンを走り終えて、筋肉痛がこなかったのは初めてです!
後半で少しふくらはぎが痙攣したのですが大事にならず、痛みもありませんでした。

    (水泳/フルマラソン)


 私は走る時に持参するサプリメントのカドが身体に当たって痛くないように、自分でカドを切って丸めていました。
ATHLETUNEは最初から丸いので痛くないです。

また、成分表を見ると効果のありそうな成分がいろいろ入っていてコストパフォーマンスの高さを感じます。

とにかく、ATHLETUNEは使う人がストレスを感じないような工夫をすごくしてあるのが気に入ってます。
薄いからポケットでもどこでも押し込めば入るし、揺れにくいのも良いですね。

使えばATHLETUNEが使う人の立場に真摯に立って作られてるのが分かると思います。

    (ウルトラマラソン・男性)


 二回目の注文です。
前回、届いてすぐにハーフマラソン走りました。
信じられないくらいに、無理なく走れてしまったのです。驚きました。

巡り合えてよかったお品です。
    (ハーフマラソン・女性)


 色々なサプリメントを試してきましたが、飲む際に水が必要だったり、不味さを我慢する物だったりと、続けにくいのが悩みでした。 ATHLETUNEは味も良く、簡単に補給できて大変重宝してます。
    (自転車・男性)


 青(SPEEDCURE)、レースの翌日も普通にトレーニングできるのが良いですね。
    (プロロードレーサー・男性)


 飲むと飲まないでは全然違う。足が回る。
    (自転車ロードレース・男性)


 マラソンを始めて三年。大会になると最後の方でエネルギー切れになる ことが多かった。
赤ENERGAINを使い始めてから、エネルギー切れの心配が無くなった。
飲みやすいし手軽に使う事が出来る。今後も活用し続けていく。

    (フルマラソン・男性)


  全ての試合が終わった直後にマンゴー味(青SPEEDCURE)を飲んだ翌日の疲労具合ですが、テニス翌日は、通常太ももの裏に筋肉痛が起き、家及び職場の階段の上り下りが辛く感じます。

ところが今日は、太ももの裏に起きる筋肉痛を全く感じず、階段の上り下りをするのが苦になりませんでした。これって、まさにアスリチューン効果ですね!

    (テニス・男性)


 ロードレースでは自転車を操作しながら飲む必要がありますが、ゼリー状で握りやすい。他と比べて粘り気がなく一回の吸引で飲めました。
手も汚れず、使用後ポケットに入れても衣類に付つくこともありませんでした。

青SPEEDCURE、朝起きた時の疲労感が確実に違いました。
摂取しない日とする日では翌朝の目覚めが確実に違います。
    (自転車・男性)


 水泳大会会場で購入させていただきました。
トライアスロンで競技前、競技中に摂取し昨年より5分記録が伸び、総合6位・年代別3位となりました。来月もレースがあるので、購入させていただきました。

    (水泳/トライアスロン・男性)


 バイクパートで使いました。足もつらなくて、去年より大幅にタイムを短縮できました。また購入したいと思います。
    (アイアンマンレース・男性)


 疲労が溜まっているコンディションのまま出走10分前に赤を摂取し、スタートしました。

前日の疲労が確実に残っていましたがのおかげで終始粘りの走りが功を奏し、学生選手権タイムトライアル自己ベストを大幅に更新することができました。

    (自転車・男性)


  使用前日までほとんどトレーニングも無く、使用当日かなり追い込んだので、翌日の疲労感・筋肉痛は避けられない、、、と思いつつアスリチューン使用しましたところ、見事に大した筋肉痛も起こらず効果を実感しました。
    (ランニング・男性)


 も飲んだ後、次の日から効果を感じました。即効性に優れてますね。

特に赤(ENERGAIN)は乳酸が溜まる感じが普段より無く、止まらずに動けました。

    (スポーツトレーナー/フットサル・男性)


 下り9キロ、登り6キロを9周のレースで、ATHLETUNEを実感しました。

今にも攣りだしそうな違和感があった3周目にはに飲んだら、痛みが無くなって、その周は何の支障もなく走れました。

今までなら攣ると、ただひどくならない事を祈って走るだけでしたが、アスリチューンで安心してレースに集中できます。
これらからのレースでは必ず持っていきたいです。
    (自転車・男性)


疲れている時でも簡単に食べられます。
〇〇〇〇
(他社ゼリー飲料)は大きさから携行を躊躇しますが、このサイズは気兼ねなく持てます。
また、他のエネルギー補給ゼリーに比べても口の中に残りにくいです。

    (スノーシュー・男性)


、大会前日の寝る前に飲むことで大会当日の疲労の回復度合いが違います。
いつもなら大会当日だるさや疲労感がありました。そのために大会では悔しい思いをしたことも多々ありました。お陰様で大会では入賞することもできました。

サプリメントは味も大切だと思います。以前は我慢してサプリメントを飲んでいました。しかしアスリチューンはともに味も飲みやすく、ジェル状でこぼれません。

今では大会前日と当日はアスリチューンがなくてはならない存在です。

    (自転車・男性)


 フルマラソンでは32kmを過ぎるといつも失速してしまいますが、今大会は長い登りでも歩くこと無く、脚が動き完走。

完走直後の「こむら返り」もなく、まだ少し走れる余裕さえ残っていました。

今回は大会前にENERGAINを飲み、気温も良く、いつもの大会より苦痛なく楽しく走れ、トレイルでは森の中を走れました。
自分の20代を彷彿させるような脚裁きだ!と感じました。

いつもトレイルランやフルマラソン出場後の着替中に左右の脚に「こむら返り」が起こってしまいます。
一度座ってしまうと立てなくなり、顔面冷や汗、極度の激痛でどうにもならない「魔の時間」を耐えています。

大会後にSPEEDCUREを飲みました。
今回も今まで同様、毎回起こるこむら返りが就寝後一時間後ぐらいに襲ってきました。
ただ、いつもは七転八倒するのですが、今回はすぐに治まり、翌朝までぐっすり眠ることができました。

また二日後に来た筋肉痛も軽減されて、夜のランニングを再開することが出来ました。
    (フルマラソン・男性)


小檜山 譲 選手(フットサルFリーグ:府中アスレティックFC)

SPEEDCURE:青、回復の早さ、体感できる!
他のに比べて回復具合が実感しやすい!!
練習後、試合後に素早く補給する。

他のと比べてもコンパクトで、カバンの脇の狭いスペースで入る!常備してます!

磯崎 良太 選手(フットサルFリーグ:府中アスレティックFC)

ENERGAIN:赤。持久力、飲んだ時と飲まない時の感覚はかなり違います。
とくに練習、試合の途中での使用は必須だと感じています。

SPEEDCURE:青、どんどん年齢が上がるにつれて、疲労感で朝起きるのがつらくなるなどがありました。
SPEEDCURE:青を使用するようになって改善されました。
毎日の練習などのハードワークをこなすのはなくてはならない存在になっています!

ATHLETUNEは、一瞬で補給できて利便性良いです。
試合や練習前と、できれば途中にも補給するとかなり効果的です。

運動後に1秒でも早く補給したいのでとても助かっています。
運動前に飲んでも、お腹の満腹感が一切無いのもいいですね。

浅野 善亮 選手(自転車:GIANT/HottSpin)

ENERGAIN:赤、レース時、練習時、走り始める30分前に飲みます。
飲んだ時と飲まなかった時の疲れ方が全く違います。
走っていて足がよく回り、疲れない!
筋力、スタミナが上がっているようにさえ感じます。

出勤は自転車通勤な為、私は出勤前にも飲んでいます。
飲んだ日の仕事はとても楽です!

SPEEDCURE:青、レースや練習した翌日はふくらはぎがドーンと重くなるのが多かったです。
レース直後に飲むと、後のふくらはぎの重さは全く無く、むしろ足が軽くなったように思えます。

ATHLETUNEは、運動直後、粉やバーだと面倒くさく、ジェル状なのでとても飲みやすくて、入っている量もちょうどいいです。

奈良 秀明 選手(タッチラグビー日本代表)

ENERGAIN:赤、いつもリュックにいれて持ち歩いています。練習前・ゲーム前の10~20分前に飲んでいます!

SPEEDCURE:青、回復を体で感じています。
今まで次の日に残っていた疲労感をあまり感じることなく、朝の目覚められるようになりました。
特に試合後は下半身の疲労が溜まりやすかったのが軽減されています!

ATHLETUNEは嵩張らず、持ち運びが便利で助かっています。
ポケットに入るところも良し!
味も好きなので、飲みやすく満足しています。
飲み終わったあともゴミに出す際も楽だし、ウィダー等のゼリーに比べて、飲みきりやすい!

葛西 義玄 選手(タッチラグビー:城南ジョーカーズ/JIPANG)

ENERGAIN:赤
試合の15分くらい前に使用しています。1日に何試合も行う場合は、試合のたびに使用しています。
体力が無くなると、足が麻痺したように動かなくなることがあったり、攣ったりしていました。
最近は疲れてきてももうひと踏ん張りできる実感があります。筋肉の持久力がUPしていると感じます。あとは心肺機能向上ですね。
練習では使用していません。持ち運びも場所も取られず便利です。

SPEEDCURE:青、激しい試合の翌日の筋肉痛が最近ありません!
多少ハリはあるものの、痛みやだるさは感じなくなりました!
試合と試合の合間には飲んだことありませんが、今度試してみたいと思います。

栂尾 大知 選手(自転車ロード)

青SPEEDCURE、レース後まず飲んでいます。飲んでからクールダウンを行っています。
レース後やハードな練習後に飲む事によってすぐに回復に向かってくれる。

赤ENERGAIN、運動中の集中力が落ちない。 分かりやすく言うとスタミナがアップしている気がする。

べっとりしていないので飲みやすい。持ち運びが便利なのと、冷やして飲むととても美味しいです。

田 典幸 選手(自転車ロード)

僕はパワーバーやショッツ、ザバスのピットインリキッドを多く使用すると、内臓に負担がかかり過ぎてしゃっくりが出てしまいます。
ATHLETUNEは、その症状が出ていないので内臓に負担の少ないジェルで飲みやすいです。

豊田 勝徳 選手(自転車ロード)

朝食後、夕方まで少ししか食べずにトレーニングを続け、力が入らなくなった所で青SPEEDCUREを摂取。
開始時と同じとまでは行かないが、すぐに回復して再びトレーニングを行うことができた。

井上 人志 選手(自転車ロード)

即効性を感じています。(赤ENERGAIN

青SPEEDCURE、白浜TT→クリテや合宿時にダメージの少なさを感じました。
レース後、胃の苦しい状態での負担が少ない。
かさばらない。
口の中がべたつかなく、後味がスッキリしている

大谷 一弘 選手(自転車ロード)

練習後、プロテインと青SPEEDCUREを併用しています。

一度使ったらわかるのですが、赤が何で、青が何か、もう少しわかりやすければ、ユーザーが使いやすいと感じます。

パワーバーに比べて飲みやすいです。

小澤 郷司 選手(アドベンチャーレース:Real Discovery)

10日間のXPD、4日間のX-Adventureで使用した。

ほとんど寝ない、かつ、食料も必要最小限の量しか持ってため、6時間ごとにENERGAIN:赤を使用することで脂肪燃焼を促進することを意識した。
レース中はバックパックのウエストポケットに入れて使用していた。
包装が薄くて軽量なので、重さも気にならないのでよい。

SPEEDCURE:青、レース前日の夜とレース中4時間の睡眠がとれる唯一の場所で使用した。翌日の体調がすこぶる良かった!

ATHLETUNEは、他と比較するとかなりシンプルかつ薄く軽量な包装。
切り口は他製品より切りやすく小さいのもよい。
切った先が落ちないようにする工夫をすると自然界にやさしいと感じる。
粘性が低く、ゼリー状なので飲みやすい。

エネルギーを補充するためのジェルというよりは、体にあるエネルギーを有効活用しようというコンセプトのが、他製品との差別化ができてよい。
使用するタイミングも明確で、わかりやすい。
他製品のジェルは粘性が高く、エネルギー補充に重点を置いている感が否めない。

南 大介 選手(アドベンチャーレース:Real Discovery)

ENERGAIN:赤、持久力、体感できる。
特に、LT値(乳酸性作業閾値)に近い領域での運動をしている時に違いを感じることが多い。

SPEEDCURE:青、回復の違いを実感する。それほど強度の破壊でない状態において特に。

ATHLETUNE、粘性もそれほどないので、飲みやすい。パワーバーは粘性が高いので、水と一緒でないと飲み込みにくい。

鈴木 真樹子 選手(アドベンチャーレース:Real Discovery)

ENERGAIN:赤、飲んで30~60分後に持久力の違い、体感しました。

ATHLETUNE、とても軽いので多少多めに持っても気になりませんでした。
あれだけ軽量なものは他社にないので、ザックのどこにでも入りますし、気にせず持ち運べとよいと思いました。

ATHLETUNEに薬物は一切使用していません。
原材料は、全て日本の法律に基づいた、食品原料(機能性食品原料)です。



『ATHLETUNE』基本1セットのお申込みはこちら

スポーツサプリメント
運動前に 運動後に
【運動前に必要な機能】
血流促進
疲労物質の分解・代謝促進
筋肉持久力向上
エネルギー産生促進
【運動後に必要な機能】
スピーディなエネルギー補給
筋肉ダメージの回復
疲労物質の分解・代謝
エネルギー産生量増大
酸化ダメージ対策

運動前


ENERGAINサイズ(1本)
縦152mm×横68mm×厚み約7mm
1本の重量:約45.2g(内容量:45g)
レースに重心が偏らない」と好評!

ブドウ糖詳しい成分説明LINK

チキンエキス詳しい成分説明LINK

シトルリン詳しい成分説明LINK

生姜エキス詳しい成分説明LINK

BCAA詳しい成分説明LINK

クエン酸詳しい成分説明LINK

持久系


SPEEDCUREサイズ(1本)
縦152mm×横68mm×厚み約7mm
1本の重量:約45.2g(内容量:45g)
ポケット、ポーチで邪魔にならない薄さ!

ブドウ糖詳しい成分説明LINK

クレアチン詳しい成分説明LINK

チキンエキス詳しい成分説明LINK

オルニチン詳しい成分説明LINK

濃縮黒酢末詳しい成分説明LINK

ブドウ茎抽出物
(レスベラトロール含有)

詳しい成分説明LINK

クエン酸詳しい成分説明LINK

ビタミンB群
(B6・B2・B1)
詳しい成分説明LINK

『ATHLETUNE』基本1セットのお申込みはこちら

株式会社 隼(はやと)
代表 三上慶将

〒899-4501 鹿児島県霧島市福山町福山4026-1
TEL 0995-55-2077 FAX 0995-55-2088

◇コーポレートWEBサイト
http://www.hayato-kk.com

◇Facebookページ
http://www.facebook.com/hayato.fun

◇通販サイト
http://www.hayato-jp.net

◇ATHLETUNEサポートサイト
http://www.athletune.com




HAYATO Co.,Ltd. All rights reserved.